『ユーコンノミニープログラム(YNP)』でカナダ移民

カナダにある3準州のうち、一番西に位置するユーコン準州。首都のホワイトホースの真上にはオーロラベルトが通っていて家の窓からオーロラが見える、そんな北のロマンを求める方にぴったりの場所です。

お問い合せ

ユーコンノミニープログラム(YNP)の概要

ユーコンノミニープログラム(YNP)は、ユーコン準州の経済活性のために、カナダの移民希望者を歓迎し、ユーコンの人手不足を軽減させるために2006年に始まりました。ユーコン準州内の雇用主の協力を得て申請するタイプのプログラムで、仕事内容は飲食店(ウエーター、キッチンスタッフ)、販売業(小売店の店員、キャッシャー)、観光業(ホテルのフロント、ハウスキーピング)など、エントリーレベルの職種も対象となります。学歴や職歴に対する審査が非常に緩やかで、雇用主さえ見つかれば比較的誰でも申請できるのが特徴です。

ユーコンノミニープログラム(YNP)利用者の声

2010年3月に、ユーコン統計局によりユーコンノミニープログラム(YNP)利用者に関するアンケート調査が行われました。 その結果、ユーコンノミニープログラム(YNP)を利用しカナダへ移民した外国人、およびユーコンノミニープログラム(YNP)申請者を雇用した企業の大多数が、このプログラムに満足していることが分かりました。

ユーコンノミニープログラム(YNP)申請者

70% ユーコンノミニープログラム(YNP)プログラムに大変満足している(ある程度満足を含むと98%)
88% ユーコンへの移民は、大変簡単、またはある程度簡単だった
82% ユーコンの新しい環境に慣れるのは、大変簡単、またはある程度簡単だった

雇用主

74% 申請のプロセスに大変満足している
74% 全体を通してユーコンノミニープログラム(YNP)に大変満足している
74% ユーコンで働きたい外国人を探すのは大変簡単、またはある程度簡単だった


申請条件(一般)

ユーコンノミニープログラム(YNP)では、申請条件のシンプルさが特徴です。

就労許可書、または就学許可書を保持していること

2013年10月より、就労許可書(Work Permit、通称就労ビザ)、または就学許可書(Study Permit、通称学生ビザ)を保持していることが新しく条件に加わります。観光ビザ(Visitor Status)で滞在している人は申請対象とはなりません。

注!就労ビザ保持者は、申請時から結果が出るまでの全申請期間中に就労許可を保持している必要があります。Implied Statusは対象にならないので注意して下さい。 そのため、ユーコンノミニープログラムで移民申請をする際は、就職活動の期間、広告掲載期間(1ヶ月)、審査期間(10~12週間)を考慮し、余裕ある計画を立てることが重要です。

ユーコン準州内での雇用が確定していること

ユーコンノミニープログラム(YNP)では、ユーコン準州内において、移民申請に協力してくれる雇用が決まっていることが必須です。現在ユーコンでは他州に比べて比較的仕事が見つけやすい状況で、ユーコン政府のウェブサイトでもジョブポスティングサイトが紹介されています。

申請職種での就労経験があること

Critical Impact Worker(ロースキル)の場合は6ヶ月、Skilled Workerの場合は1年間。

語学力の証明

IETLS4以上、2年以内のスコアを提出。

申請条件(学生ビザ保持者)

現在カナダに学生ビザを保持して滞在している場合、一般の申請条件に加え、以下のいずれかの条件をも満たしている必要があります。

ユーコンノミニーを利用したカナダ移民のメリット

    

 学歴・職歴があまり問われない

移民申請に協力してくれる雇用主を見つけることが第一条件で、日本、カナダでの学歴や職歴があまりない方でも申請することができます。

 適応される職種が幅広い

レストランのサーバーやキッチンスタッフ、ホテルのルームメイキングなど、ホスピタリティやサービス業などのエントリーレベルの職種も申請対象となります。

 雇用主を見つけるのが簡単

人手不足が目立つユーコンでは、ほかの都市に比べ仕事を見つけやすい状況です。特にワーキングホリデービザなどカナダで働けるビザがある場合は、短期間での就職が決まっている例もあります。ユーコン政府が推奨するジョブポスティングサイトには、常に多くの求人広告が出ています。

 審査期間が短い

ユーコンノミニープログラム(YNP)の審査期間は、平均8~12週間です。

 申請費が無料

ユーコン準州政府へ支払うノミニープログラムの申請料は無料です。カナダ政府への移民申請料は別途必要です。


*各職種や就労条件がYNPの移民申請条件を満たす方は、コンサルテーションにて個別にご相談下さい。


カナダ移民お問い合わせフォーム

(必須)例)山田 太郎
(必須)例)mail@example.com
(必須)特定の移民カテゴリーに関するお問い合わせは、カテゴリー名をご明記下さい。

移民について相談できる移民コンサルタントとは
カナダ留学に関するお問い合せは、こちらから
ユーコン準州について