ワーキングホリデーからカナダ移民へ

「ワーキングホリデーでカナダに滞在すると移民に有利になりますか?」というご質問をよくいただきます。『ワーキングホリデーでカナダに滞在したことがある』という経験自体がカナダの移民申請において評価されることはありませんが、ワーキングホリデービザを上手に活用することによって、カナダ移民の可能性を大きく広げることができます。

ワーキングホリデーの活用法

ワーキングホリデービザは、一年間カナダで自由に求職活動をすることができ、お互いの合意があればどんな職種でも、どんな雇用主の下でも働くことができる種類の就労ビザ(オープンワークパーミット)です。

カナダの一般の就労ビザ(ワークパーミット)は、移民権と同様年々取得するのが難しくなってきています。「自分を雇用したいといってくれる企業が見つかればカナダで働ける。」と思う人も多いのですが、実際には、申請者側、企業側ともにカナダ労働省が定める厳しい審査基準を満たしている必要があり、その審査に通らない限りワークパーミットの許可が下りることはありません。就職先が決まり企業の協力の下ワークパーミットの申請をしたけれども却下されたという残念な話をよく聞くのはそのためです。

移民申請に協力してくれる雇用主を探すだけでも大変なのに、さらに「そのポジションになぜカナダ人ではなく外国人を雇用する必要があるのか」と、カナダ労働省を説得しなければならないことがワークパーミットの取得が難しい理由のひとつです。

カナダの一般の就労ビザの取得が簡単でないことを考えると、ワーキングホリデーのように一年間自由に働くことができるオープンワークパーミットは、大変貴重な種類のビザであることが分かります。

このホームページでは、個人として申請できるカナダ移民カテゴリーの中で、今もっとも簡単だと思われる、『ユーコンノミニープログラム』と『マニトバノミニープログラム』を紹介していますが、そのどちらのケースを見てもワーキングホリデービザが大変重要な役割を果たしています。

ユーコンノミニープログラムの場合

ユーコンノミニープログラムの最大の条件は、ユーコン準州内で移民申請に協力してくれる雇用主を見つけることです。ユーコンは現在経済が上向きで人手不足の状況であり、ユーコンノミニープログラムの申請職種がレストランのサーバーやホテルのルームメイキングなどエントリーレベルの職種でもよいため、仕事を探すのがが比較的簡単です。とはいえ、雇用主から移民申請への協力の承諾をもらうためには、①就職し、②働きぶりを見てもらい、③雇用主の求める人材であるかを判断してもらう、というステップがあることが一般的です。
しばらくの期間働いてその様子を見てもらうという段階で、カナダで働ける就労ビザを持っていることが雇用主探しの時点で非常に有利になります。

ユーコンノミニープログラムでの移民申請の可能性を最大限にするためには、ワーキングホリデービザを持っていることが大変有利になります。

マニトバノミニープログラムの場合

マニトバノミニープログラムで移民申請をする場合、以下のいずれかを満たしていることが第一条件となります。

日本からの申請者にとってマニトバ州内に親戚や家族同然に付き合いのある友人がいることがあまりないため、1年以上の就学、または6ヶ月以上の就労経験のいずれかを第一条件とすることが現実的です。マニトバ州内での6ヶ月以上の就労を第一条件とする場合、その職種は問われないため、レストランのサーバーやコーヒーショップなどエントリーレベルの就労経験でも移民申請が可能になります。
現在の雇用状況ではなく、就労経験が条件となるため、移民申請に雇用主のサポートは必要ありません。

どんな職種でも自由に働くことができるワーキングホリデービザを持っていることは、マニトバノミニープログラムでカナダ移民を目指す方にとって大変有利となります。

ワーホリからカナダ移民を実現させるために

カナダの移民申請にとってワーキングホリデービザは大変重要な役割を担ってくれるものです。ワーキングホリデーで滞在をしているうちにカナダでの生活が気に入り、カナダへの移民を真剣に考え始める方も多くいらっしゃいます。ワーキングホリデーの期限が切れてしまってから移民申請について調べ始め、あと数ヶ月前に動き出せていればまだまだ大きな可能性があったのに・・・、という残念なケースもたくさんあります。移民へ向けたチャンスを最大限に活かすために、移民を考えている方はワーキングホリデーの期限が十分に残っている間にぜひ行動を起こしましょう!


◆◆おすすめの移民カテゴリー◆◆

カテゴリー名
特徴
連邦スキルドワーカープログラム(FSW)  一定以上の学歴・職歴を持つ方向けのカナダ連邦政府プログラム
連邦スキルドトレードプログラム(FSTP)  技能職・専門職の職歴がある方に大きなチャンス
ユーコンノミニープログラム(YNP)  高卒の方もOK。ワーキングホリデーの方に大きなチャンス
マニトバノミニープログラム(MPNP)  雇用主の必要なし。ある程度の学歴・職歴・言語力がある方向け
BCノミニープログラム(BCPNP-ELSS)  9ヶ月の就労で移民申請へ。PGWPの留学生に大きなチャンス
BCノミニープログラム(BCPNP-留学生)  職歴が問われず、短期間のプログラムが魅力
カナディアン経験クラス(CEC)  カナダのカレッジ・大学生に大きなチャンス

上記以外にも、各種移民カテゴリーや就労ビザのサポートを行っております。お気軽にお問い合わせ下さい。



カナダ移民お問い合わせフォーム

(必須)例)山田 太郎
(必須)例)mail@example.com
(必須)特定の移民カテゴリーに関するお問い合わせは、カテゴリー名をご明記下さい。

移民について相談できる移民コンサルタントとは
カナダ留学に関するお問い合せは、こちらから