『連邦スキルドワーカープログラム(FSW-Federal Skilled Workers Program)』

カナダの連邦政府が管轄する移民カテゴリーで、一定の教育と実務経験の条件を満たし、ケベック州以外のカナダに移住して働きたい人が対象のプログラムです。

お問い合せ

スキルドワーカープログラムの概要

スキルドワーカーとは、技術や技能をもってカナダに経済的貢献できる人を指します。2015年1月以降は定員数が設けられておらず、エクスプレス・エントリーで招待された方人のみ申請できるシステムです。

申請条件

連邦スキルドワーカープログラムで移民申請をするためには、以下の6つの条件を満たしている必要があります。

基本条件(以下の3つのうち、どれかに当てはまること)

対象となる職種のリスト

職歴

過去10年間で、2011年版NOCのAまたはBの職種に、フルタイムまたはそれに相当する時間数のパートタイムとして、少なくとも継続して1年間有給で就労していること。(1,560時間。ボランティアや無給のインターンシップなどは含まれません。)

2011年版のNOC(National Occupational Classification)

学歴

以下のいずれかの方法で、高校卒業以上を証明すること。

語学力

英語のIELTS、またはフランス語のTEFで以下のレベルを満たすこと。

<英語を第一公用語とする場合>

CLBレベル
IELTSスコア
申請ポイント数
話す
聞く
読む
書く
7
6.0
6.0-7.0
6.0
6.0
4
8
6.5
7.5
6.5
6.5
5
9以上
7.0-9.0
8.0-9.0
7.0-9.0
7.0-9.0
6

*英語を第二公用語とする場合、CLBレベル5以上で4ポイント加算されます。

<フランス語を第一公用語とする場合>

NCLAレベル
TEFスコア
申請ポイント数
話す
聞く
読む
書く
7
310-348
249-279
207-232
310-348
4
8
349-370
280-297
233-247
349-370
5
9以上
371以上
298以上
248以上
731以上
6

*フランス語を第二公用語とする場合、NCLAレベル5以上で4ポイント加算されます。

ポイント数

以下の6つのカテゴリーで、全100ポイント中、67ポイント以上あること。(カッコ内の数値は最大ポイント数)

資金力

カナダで自分自身、及び家族を養うことができる十分な資金があること。

申請却下要項

以下のような経歴、事実がある場合は、申請却下の対象となります。


*各職種や就労条件がスキルドワーカーの移民申請条件を満たすかは、コンサルテーションにて個別にご相談下さい。


カナダ移民お問い合わせフォーム

(必須)例)山田 太郎
(必須)例)mail@example.com
(必須)特定の移民カテゴリーに関するお問い合わせは、カテゴリー名をご明記下さい。

移民について相談できる移民コンサルタントとは
カナダ留学に関するお問い合せは、こちらから