『カナディアン・エクスペリエンス・クラス』でカナダ移民

カナダで移民局が定める職種の就労経験がある人が申請できるカテゴリーです。現時点で移民申請に必要な職歴や学歴がなく、雇用主を見つけるのも難しいという場合にもっともチャンスが大きい方法のひとつです。

お問い合せ

申請条件

カナディアン・エクスペリエンス・クラスで移民申請をする場合、以下の条件を満たす必要があります。

過去3年間に、カナダでスキルドワークの職種にて、最低1年間フルタイムの就労経験があること

スキルドワークとは、Canadian National Occupational Classificationが定める以下のいずれかに当てはまる仕事のタイプ、レベルを指します。

就学期間中にCo-cpやOff Campus Work Permitで得た就労経験は、CECの移民申請では就労経験・期間としてみなされません。PGWP(ポスト・グラジュエーション・ワーク・パーミット)で働いた就労経験は適応されます。

言語力証明

カナダの公用語である英語、またはフランス語の語学力証明を提出します。英語の場合は、2年以内のIELTSが適応されます。職種により、IELTS5、または7以上が必要です。

ケベック州以外の州に住む予定であること

カナダで就労経験を積む方法

カナダで就労するためには就労ビザを申請する必要があります。移民局の認可する高等教育機関(公立カレッジや大学)を卒業すると、職種や勤務地を自由に選択することができる、PGWP(Post Graduation Work Permit)と呼ばれる卒業後の就労ビザを申請することができます。

Post Graduation Work Permit申請条件

Post Graduation Work Permitの期間

卒業後の就労ビザは、修学期間により、最長3年まで発給されます。

就学期間
期待できる就労ビザの期間
 8ヶ月未満  申請対象になりません
 8ヶ月以上2年未満
 就学期間と同等
 2年以上  最長3年

最終的な就労ビザの期間は移民局の判断次第です。

カナディアン・エクスペリエンス・クラスを利用したカナダ移民のメリット

 職種を問われない

Canadian National Occupational Classificationが定める仕事のタイプ、レベルであれば、職種や勤務地は自由に選ぶことができます。

 就労ビザの申請が簡単

Post Graduation Work Permitは、仕事が決まっていなくても申請のできる種類の就労ビザです。カナダの就労ビザは一般的に取得が困難な状況のため、雇用主がいなくても申請できる就労ビザは大変貴重です。

 日本の学歴職歴が問われない

カナディアン・エクスペリエンス・クラスでは、移民申請の際に日本の学歴や職歴は一切問われません。


*ILETSポイントのCLB(Canadian Language Benchmarks)への換算方法は、こちらをご覧下さい。

*各職種や就労条件がCECの移民申請条件を満たすかは、コンサルテーションにて個別にご相談下さい。


カナダ移民お問い合わせフォーム

(必須)例)山田 太郎
(必須)例)mail@example.com
(必須)特定の移民カテゴリーに関するお問い合わせは、カテゴリー名をご明記下さい。

移民について相談できる移民コンサルタントとは
カナダ留学に関するお問い合せは、こちらから